No.70 高野さん 

ネットで通販をやってみようかなと思ったときに、この書籍を読むことができました。
どうもありがとうございます。

書籍に出てくる、みなさんの通販を考えるきっかけとなった言葉に私も当てはまることが多々あり、やはり皆さんも同じような問題を抱えていて、通販を始めたのかと感じました。
とはいっても、今は目の前の農作業をこなすのに手一杯で果たしてブログなど日々アピールしてくことができるか不安でもあります。どのようなやり方が私に合っているのか、もっと通販を知りたくなりました。

No.70 高野さん 

No.69 樋口 陽介さん 

自分の作っている商品に自信があるのならば、投資してホームページをつくり、日本中 今後は世界中に売り、喜んでもらえることができそう

No.69 樋口 陽介さん 

No.68 日原一也さん 

作り手の顔や品物を写真で大きくアピールしているので、これを見た人は買いたくなると思いました。品物の特長を知らせることで、高い値段でも納得して買ってもらえるのだと思いました。後、リピーターのフォローが参考になりました。

No.68 日原一也さん 

No.67 向井さん 

考え方の違いで後々の結果に大きな差がでる、
とにかくやってみるリスクとやらないリスクを比べると自ずと結果は見えてきました。

No.67 向井さん 

No.66 牧野さん 

朝早くに申し訳ありません。
牧野と申します。書籍を読ませて頂きました。貴重な情報をありがとうございました。色んな思いがあり4月から葡萄農家に研修に行き、起業を目指しています。栽培は主人にやってもらうのでマーケティングに力を入れていきたいと考えており高口さんの所にたどり着きました。
具体例を沢山提供して頂いて不安が少し解消されました。販路として早くネット販売に投資できるようになりたいです。そのときは宜しくお願い致します。

No.66 牧野さん 

No.65 向井さん 

全くの新分野ですが、少し勉強してみたいですね。

No.65 向井さん 

No.64 中島さん 

成功の軌跡と手順が具体的に明確に記載してあり非常にわかりやすかったです。
自分でもできるかな!?と不安な気持ちがワクワクの気持ちに変わってきました。
頑張ります!本当にありがとうございました!

No.64 中島さん 

No.63 高増さん 

やはり、ネットを使うと集客できてその後の広がりというか展開も無限なんですね。
解らないことや苦手なことは外注にして、自分は生産に重きを置きながら徐々に慣れてくる。
シンプルな仕組みですね。

実家の母が畑をやっていて無農薬で野菜を作っていて、白菜漬けや沢庵、など作る名人なのでお小遣いに繋がらないかと思い本を読んでいます。今年、80になる母ですが、^_^

No.63 高増さん 

No.62 沼田さん 

ネット販売については、大変魅力を感じました。

私は、きのこを生産しております。
販売については、おもに系統を通して、出荷しておりますが、近年は企業参入もあって価格は低迷し、廃業する仲間も続出。

越えなくてならない、ハードルも数多くあると思います。
そんな中、一筋の希望の光を見たように思います。

No.62 沼田さん 

No.61 木村さん 

志を立て、有機JASや自然栽培にこだわったお米や野菜を栽培している農家の相談を受けています。
本当に立派な農産物なのですが、やはり今の市場流通では価格が合わず、売れないと悩んでいました。
今回のマンゴーの事例の本を拝読し、これしかないと思いました。
これを機にいろいろとご指導をお願いしたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

No.61 木村さん 

No.60 仲間さん 

初めまして。

私は農家ではなく、農業に携わっているわけではないですが、インターネットを利用して物を売る事に興味があったので、最後まで興味深く読ませて頂きました。

No.60 仲間さん 

No.59 久保田さん 

新規就農2年目のリンゴ農家です。
当初からBtoCのビジネスモデルを考えており、今までもアナログ的な手法ではいろいろ取り組んできました。しかし、時代の要請としてやっぱりネット通販、クレジットカードによる支払いのご希望などが出てきています。

今年はそこに対応するための年だと考えていたため、インターネットでこちらの情報を見つけたときは「これだ!」という感覚がありました。

まずはやってみる。経験は時間という絶対差になる。いま始めなければ追いつけない差が出来てしまうと思いますので、さっそく取り組んでみます。

No.59 久保田さん 

No.58 山本さん 

高口様
初めまして、山本と申します。

私は、現在57歳のサラリーマンです。
数年前の、父親が他界し、母親は、施設にお世話になっております。
私の実家は、ネコの額ほどの小さな農家で、
父が亡くなって数年・・荒れ放題の状態です。

私が何とかしよう・・?と考えてはいますが、
今の所、本業が忙しく、農業の方に気持ちが行きません。

今の土地を何とかならないかな?と思い
ネットを検索していたら、あなたのサイトに入ってきた所です。

書籍を読んで、「自分にも出来るかも?」と言う気持ちになりました。

農業は儲からない・・少しばかりでは金にならない・・
何て言う気持ちで何もして来なかった私ですが、
これから、少しずつでも、前向きに農業の事を考えてみるきっかけとなった様な気がします。

これからも、色々と情報を楽しみにしています。

よろしくお願い致します。

No.58 山本さん 

No.57 杉岡さん 

販路が圧倒的に増えること、また直売による利益率の向上がとても魅力的です。

No.57 杉岡さん 

No.56 笹島さん 

はじめまして、私、神奈川県で、たまたま住んだ貸家が、
畑の隣、裏には果樹、という環境で、経済的にきつい生活だったんで、
とりあえず、ジャガイモ作って、食べ物を作る、農業というものに魅力を感じ、
就農準備中によませていただきました。

かなり自分の考えていたことにシンクロしていたので一気に読みました、
セミナーも拝見させていただきます!ありがとうございます。

No.56 笹島さん 

No.55 西山さん 

正直な所、農作物のネット販売は地味で
反応が出るまでにもかなり時間がかかるイメージでした。
しかし、高口さんの手順では、短時間でしかも
ダイレクトに注文の手ごたえがあり、読みながら感動しました。
ぜひ、動画も拝見して、販売方法を研究させていただきたいです。

No.55 西山さん 

No.54 加藤さん 

来年から農業ビジネスに参入するにあたり、
ネット販売は無理だと思い込んでいましたが、
この書籍を読んでやはりネット販売だ。と確信を得ました。

ありがとうございました。

No.54 加藤さん 

No.53 池端さん 

書籍を読ませて頂きました。
写真や図が添付されていて分かりやすく理解し易かったです。

今までは楽天、ヤフーショップでの出店が
集客などが見込めるイメージでしたが
初心者向けではない事も参考になりました。

No.53 池端さん 

No.52 伊藤さん 

ネットで販売をしてみたいと思っていたのですが、
書籍を読んで自分でもできそうな気がしてきました。

チャレンジしてみようと思います。
ありがとうございました。

No.52 伊藤さん 

No.51 石井さん 

自宅で収穫できる果物などを自分で販売するにはどうしたらよいだろう、という疑問からこちらにたどり着きました。

自分で育てたもののほうが市販品より甘くおいしいので、家庭菜園から農地栽培に移行してもう少し本腰いれていきたいと思うようになり、このところ、いろいろ調べていくうちに、農地を手に入れたり借りたり、農業大学校などに通ったり・・・と様々なことが思いのほかハードルが高く、う~ん・・・と唸ってしまいそうな数日でした。

そんな中でネット販売のお話(特に資格等不要で特定商取引法に関する表記をしたら問題ない。加工販売は別途手続きが必要)を読むことができて少し気分転換になりました。

ホームページもさることながら、もちろん販売するものも商品としてまともに作れないといけないのですが、こちらを読ませていただいたことで、それにチャレンジする前からあきらめないでいられそうです。ありがとうございました。

No.51 石井さん 

No.50 港崎さん 

とても読みやすい文章に
思わず時を忘れて最後まで読ませていただきました!

ありがとうございますm--m。
ものすごく刺激になりました!

No.50 港崎さん 

No.49 山口 岩之助 ヤマグチ イワノスケさん 

ネット販売に興味が湧いてきました。

販売に至るまでのプロセスを把握し
自分で栽培した作物とか天然の山菜、
キノコの販売体制を早期に確立したいと思います。

ご指導ご鞭撻のほどお願い致します。

No.49 山口 岩之助 ヤマグチ イワノスケさん 

No.48 安田さん 

期限が迫っているのであせりながら感想書いてます!!(笑)
ひと通り読ませていただきましたが、とてもドキドキしました!
自分でも農作物を売ることが出来るのかも!と思ってしまいました笑

印象深かった言葉があります。『農業はギャンブルではない、ギャンブル要素はとことん排除』という言葉です。
友人には、いつも農業は儲からないギャンブル、などと言われます。そして納得している自分もいるのです。
でも今回これを読んでみて、ほんの少しですが、「実はそう(ギャンブル)ではないのかも!」と思うことが出来ました!

No.48 安田さん 

No.47 kitaさん 

農家ではありませんが、ネット販売を考えています。
参考になりました。

No.47 kitaさん 

No.46 田中 昭子さん 

初めて高口さんに連絡を取ってから1年になります。ピオーネをはじめ、野菜を作って地元の直売所で売っている高齢の両親を助けようと、大阪から岡山まで週末ごとに通っています。
今年も労力に見合った収入にならず、やりきれない思いが残りました。
来年に向けて動きだしたいと思っています。

No.46 田中 昭子さん 

No.45 八須 浩司さん 

内容を読ませていただきました。あとはやる気と継続ですね。
ただ潤沢な資金があるわけではないので、いつから始めるか?そこが一番の悩みどころです。

No.45 八須 浩司さん 

No.44 佐々木さん 

農作物販売の全体像がわかりやすかったです。農協を通した販売 と インターネット販売を比較したイラストがシンプルで絵を見ただけで理解できました。大切な本質の部分が簡潔な言葉ではっきり書かれていたと思います。共感できる部分が多々あり、勉強になりました。

私は農業経営をしようと準備している33歳、男性で、東北の田舎で暮らしています。農家や役場の方々は「農家はもうからない」と口をそろえて言います。彼らは、農業で儲けるには10ヘクタール以上の土地で大規模にやるしか方法が無いと考えています。また、「一人勝ちすると嫌われる」ということも言われています。他の農家よりも大きな利益を上げてしまうとねたまれ、嫌がらせを受けると聞きました。農業は儲からないものなんだという諦めと、「我慢と忍耐」という日本固有の美徳により、新しいことを取り入れない・挑戦しない という雰囲気があります。しかし、高口さんの本を読んだら「売る力」をつけることに前向きになる農家がいるんじゃないかと感じます。インターネットに否定的な私の父に読ませてみたいと思います。

No.44 佐々木さん 

No.43 山崎さん 

初めて高口さんの電子書籍を読ませていただいたのですが、目から鱗のことばかりでした。
インターネットが中心となるこの時代ですがまだまだネット販売における可能性を感じることのできる内容でした。

特に私はこれから農業を始めようかとしている身であり、農業に対する将来性や可能性を持っている一方で、「収入は大丈夫か?」、「販売はできるのか?」、「軌道に乗せることができるのか」という不安も同時に抱えています。

そんな中で今回、高口さんの存在を知ったこと、そして書籍と出会えたのは今後への大きな原動力となりそうです!


No.43 山崎さん 

No.42 田島 悟さん 

産直品の販売をどうすればいいのか考えていましたがとても参考になりました。

No.42 田島 悟さん 

No.41 長内さん 

 現在24歳。子供の頃からインターネットに慣れ親しんだ世代として、ネットへの理解は染みついていると思います。それゆえ、ネット販売への期待は大きいものがあります。反面、農作物のネット販売の市場はすでに飽和状態で、これかの新規参入に望みはあるのか?という不安もよぎります。
 しかし、現在の農協一辺倒の販路だけでは、今後、明るい未来が待っているとは思えません。(農協への出荷については書籍内でも触れられていましね。私も同じような状況です。)リスク分散や複数販路の確保という面からも、ネット販売は不可避なものであり、かつ、魅力的なものであろうと、就農してから考えています。
 そのような中で、高口様の農産物に特化したネット通販の事業を目にし、一度質問を送らせていただいた次第でした。その後、また1年の農繁期が過ぎ、再び、このままでいいのか?という思いが強くなっていたところでの、今回の無料書籍でした。
 読ませていただいた感想としましては、ネットに不慣れであった方でも売り上げを伸ばすことができるのは、(もちろんその農家さんの努力が大きいですが)高口様の有するノウハウが抜群であり、それによるフォローが適格であるからなのだろうということに尽きます。何を上から言っているのだと思われるかもしれません。申し訳ありません。しかし、もし自分がネット販売を始めるのであれば、高口様の手助けをいただきたいと思える内容でした。ネットを使い慣れているとはいえ、ページを作成し、支払いや受注のシステム構築することなどについては全く知識がありません。おそらく、書籍に出てくる農家さんも同じ状況かと察します。それでも成果を出せるのはノウハウやフォローがあってこそかと思います。
 本当はすぐにでも始められればいいのかもしれません。しかし残念ながら予算が(笑)。できる限り早く、ネット販売も含めた新たな販路確保に向けた土台を確保できるよう、今後頑張っていこうと思います。 

No.41 長内さん